Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター

マウスコンピューターは、フィッシング攻撃によって従業員のメールのアカウントが乗っ取られ、顧客や取引先へ同様のフィッシングメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、5月8日17時過ぎに、従業員1人がフィッシングメールよりフィッシングサイトに誘導され、メールアカウントのIDとパスワードを詐取されたという。

その後同アカウントに対して詐取されたパスワードを用いた不正アクセスがあり、同月12日11時過ぎに法人顧客や取引先1220件に対し、同アカウントより同様のフィッシングメールが送信された。受信者から連絡があり、問題が判明した。

今回の問題を受けて同社は同アカウントのパスワードを変更。フィッシングメールの送信先となった関係者へ事情を説明し、問題のメールを削除したり、IDやパスワードを誤って入力しないよう求めた。

また顧客に対して、同社を名乗る不審なメールが届いた場合は、添付ファイルやリンクにアクセスせず、同社まで問い合わせるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化