Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収

米Accentureは、ITや工場やプラントなどOT分野のサイバーセキュリティ事業を展開する米Revolutionary Securityを買収した。重要インフラ事業者向けのサービス強化を図る。

Revolutionary Securityは2016年に創業し、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに拠点を置くセキュリティ企業。セキュリティプログラムに関する評価やテスト、設計、開発のほか、ITやOTシステムのセキュリティ運用サービスなどを提供している。

またモニタリング体制、従業員によるオペレーション、セキュリティ対策の不備などが特定できる侵入、攻撃シミュレーションテストサービス「LiveFire」などを展開。Accentureでは今回の買収を通じて、ITとOT双方に関連する課題に対して一貫性を持ったソリューションの提供が可能になるとしている。

(Security NEXT - 2020/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
Symantecセキュサービス部門の買収を完了 - Accenture
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
VMware、Carbon Blackの買収で合意
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化