Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に24件の脆弱性 - アップデートが公開へ

Adobe Systemsは、複数の深刻な脆弱性を修正する「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを公開した。脆弱性の悪用は確認されていない。

米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、アップデートを公開したもの。CVEベースであわせて24件の脆弱性へ対処した。いずれも悪用は確認されていないという。

今回修正された脆弱性の重要度を見ると、半数にあたる12件が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

バッファオーバーフローや域外メモリへの書き込み、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性などで、悪用されるとコードを実行されたり、セキュリティ機能をバイパスされるおそれがある。

残る12件については、1段階低い「重要(Important)」と評価されている。域外のメモリを読み込んだり、不正なメモリアクセスなどが生じるもので、サービス拒否や情報漏洩が発生する可能性がある。

同社は、「Continuousトラック」向けに脆弱性を解消したアップデート「同2020.009.20063」をリリース。「同Classic 2017」向けに「同2017.011.30171」、「Classic 2015」には「同2015.006.30523」を提供開始した。

適用優先度は、いずれも3段階中2番目にあたる「2」としており、30日以内を目安にアップデートするよう呼びかけている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-9592
CVE-2020-9593
CVE-2020-9594
CVE-2020-9595
CVE-2020-9596
CVE-2020-9597
CVE-2020-9598
CVE-2020-9599
CVE-2020-9600
CVE-2020-9601
CVE-2020-9602
CVE-2020-9603
CVE-2020-9604
CVE-2020-9605
CVE-2020-9606
CVE-2020-9607
CVE-2020-9608
CVE-2020-9609
CVE-2020-9610
CVE-2020-9611
CVE-2020-9612
CVE-2020-9613
CVE-2020-9614
CVE-2020-9615

(Security NEXT - 2020/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Adobe製オーディオ編集ソフトに脆弱性 - 更新を実施
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
「Adobe Premiere」に脆弱性 - 「Pro」「Rush」それぞれに判明
ライブアニメソフト「Adobe Character Animator」に深刻な脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚