Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県

新潟県は、県立高校や地域振興局健康福祉部で発生した書類の誤送付を公表した。

同県によれば、県立高校では5月8日に就学支援金支給停止通知を郵送した際、誤って別の生徒へ送付する事故が発生したもの。

宛名シールで住所と氏名が一致しない状態で9人分を発送。6人分は宛先不明で学校へ返送されたが、3人分が別の生徒に誤って届いた。誤送付先となった生徒からの連絡で判明した。

誤送付された通知には、生徒の氏名、学校名、就学支援金支給期間、支給停止期日などが記載されている。同校では、誤送付先と情報流出の対象となった生徒および保護者に対し、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

返却報告書類を別人宅に届ける事故 - 大阪市
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明