Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者2650人へメール送信で操作ミス - ルネサンス

スポーツクラブ事業などを展開するルネサンスは、業務を委託しているインストラクターへ送信したメールで送信ミスがあり、受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、インストラクター2650人に対し、50人ずつのグループわけした上でメールを送信したが、各グループごとにメールアドレスが表示された状態となり、流出したという。

同社では事態を公表。対象となるインストラクターに対し、メールで謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ