Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供

GRCSは、クラウド型教育サービスの一部コンテンツを、教育機関を対象に期間限定で無償にて提供する。

休校措置などでオンライン学習やインターネットを利用する機会が増えているとして、同社が提供するクラウド型教育サービス「シンプラZ」において、標的型攻撃対策やフィッシング対策の学習コンテンツを中学校や高校、教育委員会などの組織へ無償で提供するもの。

ゲーム感覚でセキュリティを学ぶ学習コンテンツで、フィッシングなどの偽装メールが次々と送りつけられる主人公となり、危機を乗り切って人魚姫を救い出す内容だという。

提供期間は申込日より5月6日まで。専用のウェブフォームにて受け付ける。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも
AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供