Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JCBカード利用者狙うフィッシングに注意 - 定期メールを偽う手口

JCBカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。4月10日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同カード会員向けのウェブサービスである「MyJCB」を装ったフィッシング攻撃が確認されたもの。

問題のフィッシングメールは、「MyJCB」の登録者へ定期的に配信されているメールサービス「MyJCB Express News」を偽装。「MyJCB Express News 重要な通知となります」と題した件名で送信していた。

メールの本文では、クレジットカード口座が第三者によって使用されていることを検知し、凍結したなどと説明。IDとパスワードの再登録が必要などとだまし、偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、最初に「MyJCB」のアカウント情報を入力させて詐取。次に表示されるページでクレジットカードに関する情報をだまし取ろうとしていた。

さらに遷移したページで氏名や生年月日、住所、電話番号を入力させるほか、クレジットカードのセキュリティコードを入力させていた。

4月10日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトも含めて注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導