Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る

人気ゲーム「Pokemon GO」を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、同ゲームを運営するポケモンが注意を呼びかけている。

問題のフィッシング攻撃は、アプリ内課金の請求を装う手口で、メールの差出人として「Appleサポート」を偽装していた。

「購入が完了しました」とのタイトルで送信されており、領収書として同ゲーム内コインが購入されたとの内容を記載。取り引きに身に覚えがない場合は、リンク先から返金処理を行う必要があるなどとして偽サイトへ誘導していた。

同社は、個人情報などを不正に取得することを狙ったフィッシング攻撃で複数報告を受けていると指摘。URLや添付ファイルなどを開封しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PayPay」装うフィッシング - 電子署名説明URLでも偽サイト誘導
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
「カードが第三者に利用されるおそれ」と不安煽るフィッシング
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
三菱東京UFJ銀装うフィッシング攻撃が断続的に発生中 - 「個人情報漏洩事件が起こった」と不安煽る
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング
偽楽天メールに注意、複数種類の件名や文面で出回る
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE