Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が拡大している問題で、同問題に便乗した国家由来と見られるサイバー攻撃が複数観測されている。

ファイア・アイが観測状況を明らかにしたもので、北朝鮮、ロシア政府などの関与が疑われる攻撃グループのほか、最初に感染が確認され、初動対応の遅れに非難が集まっている中国についても、新型コロナウイルスの話題を攻撃グループが悪用していたという。

20200318_fe_001.jpg
標的型攻撃に用いられた偽文書(画像:ファイア・アイ)

同社によると、中国関連の攻撃としては、攻撃グループ「TEMP.Hex」による活動を観測。同グループは、「HoneyMyte」「Mustang Panda」などの別名でも知られ、少なくとも2010年から東アジア地域を対象に活動しているが、2月末から3月初旬にかけて台湾やベトナム、フィリピンなどの組織に対して攻撃を行っていた。

攻撃には、新型コロナウイルスに関連したおとり文書を悪用。ペイロードとして「Cobalt Strike」や「Sogu」を感染させようとしていた。問題の文書には、実際の政治家による発言や提言などの情報も含まれるという。

またモンゴル政府や同国の鉱業分野を狙って活動する別の攻撃グループは、同国組織を標的とした攻撃を展開。モンゴルにおける感染数など、公式な統計情報など含んだ偽文書を用いて「PoisonIvy」の感染を試みていた。

(Security NEXT - 2020/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%
登録セキスペ制度が一部改正 - 3年更新を必須に
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映