Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、ダークウェブをはじめとするサイバー空間より情報を収集し、重要度の高い脅威を通知するサービスを提供開始した。

「マネージド脅威情報分析サービス」は、ダークウェブを含むサイバー空間より脅威情報を収集、分析してアラートや定期レポート、対策のアドバイスなどを提供するサービス。

あらかじめ保有するデジタル資産についてヒアリングを実施した上でサイバー空間でやり取りされている情報を監視。導入企業の立場を踏まえて緊急性や重要度を分類し、重大なインシデントにつながる可能性の高い脅威情報のみ通知する。

情報の分析にあたっては、脅威インテリジェンス製品を複数組み合わせることで、収集範囲や精度を高めたという。また定期レポートでは、過去に抽出した脅威情報を集計。傾向分析や推奨される対策の方針なども報告する。

(Security NEXT - 2020/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など