Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客メアド含むファイルをメールに誤添付 - ブックオフ

ブックオフコーポレーションにおいて、顧客宛てのメールを送信した際、宛先の顧客のメールアドレスが記載されたファイルを添付していたことがわかった。

ブックオフグループホールティングスによれば、3月3日に同社カスタマーセンターの従業員が、ECサイト「ブックオフオンライン」の宅配買取サービスを利用した顧客1309人に対しメールを送信した際、誤って宛先である顧客のメールアドレス1309件が記載されたファイルを添付したもの。

同日17時過ぎに顧客から指摘があり、問題が判明。同日18時半、対象となる顧客に対し謝罪するとともに、問題のメールと誤って添付したファイルの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
同報メールの件名にメアドを記載、委託先で - 愛知県