Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カードが第三者に利用されるおそれ」と不安煽るフィッシング

セゾンカード会員向けサービス「セゾンNetアンサー」を装ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同協議会によれば、「saison cardカードが第三者に利用される恐れがあります」「SAISON CARD安全センター」といった件名のフィッシングメールが出回っているもの。

本文は、「通常のブラウジング習慣と一致しない予期しない活動が検出された」などと不安を煽る内容。さらに「一時的にセキュリティを無効にしている」「アクセスを可能にするには確認フォームへ記入する必要がある」などとだまし、フィッシングサイトへ誘導していた。

少なくとも6種類のURLが利用されていることがわかっており、そのうち5件は、HTTPS接続により通信を暗号化していた。

問題のフィッシングサイトは、3月10日の時点で稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応