Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性

ワインの通信販売サイト「世界のワイン葡萄屋」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するフィオーロによれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスがあり、2019年10月20日から12月6日にかけて、同サイトで決済時に入力されたクレジットカード情報が外部へ流出した可能性があるという。

顧客658人分のクレジットカード情報が流出した可能性があり、名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。あらかじめ登録した情報を利用し、決済時にクレジットカード情報を入力していない場合は影響を受けない。

2019年12月6日、自社による調査で情報流出の可能性を確認した。同日よりクレジットカードの決済や同サイトを停止して、外部事業者による調査を実施し、2020年1月18日に報告を受けたという。

同社では1月29日に警察へ被害を届け、翌30日に個人情報保護委員会へ報告した。対象となる顧客に対しては、2月25日よりメールおよび書面で報告と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2020/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
チーズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生