Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増

SSL/TLS通信を通信経路で復号化し、可視化する製品の2018年度における国内市場は、前年度比26.6%増になったとする調査結果をITRが取りまとめた。

同社によると、同市場における2018年度の売上金額は8億1000万円。前年度比26.6%増と堅調に推移した。2019年度については、製品の認知度や需要の高まりから、前年度比14.8%増となる9億3000万円を見込む。

2018年度から2023年度までの同市場における年平均成長率について、同社は9.1%と予測。2023年度の市場規模を13億円と分析している。

(Security NEXT - 2020/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 脆弱性を解消
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認