Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス

フィリップス・ジャパンは、個人情報を含む文書が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、個人情報含む郵便物が、1月中旬ごろより所在がわからなくなっているもの。同社在宅医療機器やその関連製品の利用者に関する氏名1671件が含まれていた。

同社は、取引先へ信書扱いである日本郵便のレターパックプラスで発送したとしており、ポストへの投函後、郵便局で受け付けが行われるまでの間になくなった可能性が高いと説明している。

同社では今後、個人情報を含む文書を郵送する際には、従業員が郵便局へ直接持ち込み、受け取りについても記録の残る方法で行うとしている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
入籍届3件を紛失、4月に判明 - 岩美町
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
認定こども園で個人情報含む書類が所在不明 - 安曇野市
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県