Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス

フィリップス・ジャパンは、個人情報を含む文書が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、個人情報含む郵便物が、1月中旬ごろより所在がわからなくなっているもの。同社在宅医療機器やその関連製品の利用者に関する氏名1671件が含まれていた。

同社は、取引先へ信書扱いである日本郵便のレターパックプラスで発送したとしており、ポストへの投函後、郵便局で受け付けが行われるまでの間になくなった可能性が高いと説明している。

同社では今後、個人情報を含む文書を郵送する際には、従業員が郵便局へ直接持ち込み、受け取りについても記録の残る方法で行うとしている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保育園で園児の画像含む記憶メディアを紛失 - 吹田市
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
一部中学校卒業者名簿が所在不明に - 名古屋市
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市