Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC

プライバシーマーク(Pマーク)を運用する日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、本来非公表とするべき一部審査員の個人情報を誤ってインターネット上で公開したことを明らかにした。

同協会によれば、「プライバシーマーク審査員登録者一覧」を1月27日にウェブサイト上で公開したが、公表を希望しない審査員登録者175人分の氏名が含まれていたという。

同協会では同月30日にリストを更新し、問題の個人情報をウェブサイト上から削除。しかし検索エンジンのキャッシュにデータが登録されており、2月3日に関連する審査員登録者から「自分の名前が表示される」との指摘を受けたという。

同協会では、検索エンジンにキャッシュの削除を依頼。4日に削除が完了したとの通知を受けた。対象となる審査員登録者に対しては、2月5日に書面を通じて事態の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市
有識者会議の資料送付メールで誤送信 - 内閣官房
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
記念樹希望者宛メールで誤送信、直後にも再度ミス - 熊本市
地域限定クーポンのプレゼント企画で応募者情報が流出 - 南房総市
顧客メアド含むファイルをメールに誤添付 - ブックオフ