Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表

一方、流出、紛失件数が1万件以上の事故は全体の15%にあたる103件。このうち半数超にあたる58件がマルウェア感染や不正アクセスによる流出だった。7件あった100万件以上の事故においても、5件がマルウェア感染や不正アクセスが原因となっている。

原因別に見ると、最も多いのが「紛失、誤廃棄」の265件で全体の38.6%を占めた。次いで「マルウェア感染、不正アクセス」が178件で25.9%、「誤表示、誤送信」が146件で21.3%で続く。

媒体別では、「社内システム、サーバ」が288件で42%を占めた。次いで「書類」が261件で38.1%、「パソコン」が55件で8%、「記録メディア」が47件で6.8%だった。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も