Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業

富士通とイスラエルのUpstream Securityは、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意した。

Upstream Securityでは、クラウドベースの自動車用サイバーセキュリティソリューション「Upstream C4」を手がけるほか、自動車向けセキュリティ脅威情報を配信する「AutoThreat Intelligence」などを展開している。

今回の協業により両社は、Upstream Securityの同ソリューションに、富士通のICT-セキュリティオペレーションセンターに関する技術やビッグデータ処理技術を統合。

コネクテッドカーにおいて車両側だけでなく、センター側の脅威を検知するセキュリティソリューションを開発し、2020年中を目安に国内はもちろん、北米、欧州の自動車メーカーや運輸事業者向けに提供していく。

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
大阪府警のサイバー犯罪防止啓発で「モンハン」キャラが登場
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発