Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム攻撃で一部サーバが暗号化 - 車両用部品メーカー

油圧制御部品による自動車向けの操舵部品を製造する山田製作所は、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、一部サーバがランサムウェアにより暗号化されたもの。2月6日深夜に被害を確認した。アクセスログなども削除されていたという。

同社では被害を受けたサーバを隔離。外部協力のもと、情報流出の有無も含めて被害の範囲など調査を進めている。

同社では端末について調査を行い、安全性が確認されたシステムから順次稼働を再開している。

(Security NEXT - 2024/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認