Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン

スプライン・ネットワークは、Wi-Fi環境の評価やセキュリティ監視などが行える「Wi-Fi Security Assurance Series(WiSAS)」を2020年1月14日より提供開始する。

同サービスは、Wi-Fi環境の評価やセキュリティ対策を提供するもの。認可していない不正なアクセスポイントや不正デバイスを自動で遮断できる専用センサーとクラウドベースの管理製品で構成され、3種類のアセスメントサービスと2種類の常時監視サービスを提供する。

具体的には、Wi-Fiの電波から利用状況を可視化する「環境スキャンサービス」、Wi-Fiの電波を一定間隔で取得して時系列で分析する「最適化支援サービス」、脆弱性や問題点を可視化する「セキュリティ脆弱性診断サービス」の3種類のアセスメントサービスを提供。

常時監視サービスでは、Wi-Fi環境を24時間体制で監視し、セキュリティ脅威を自動検知して自動遮断する「セキュリティ24H365D」と、同サービスを「PCI DSS」の要件基準に対応させたメニューを用意。

価格はいずれもオープン。初年度において常時監視サービスを30社に提供し、売上1億円を目指すとしている。

(Security NEXT - 2019/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Apple、「iOS 12.2」をリリース - 脆弱性50件を修正
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導