Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会

東京防災救急協会は、業務用端末から個人情報が流出した可能性があるとして調査を進めている。

同協会によれば、立川都民防災教育センターの端末へ誤って遠隔操作用のソフトをインストールし、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

11月30日に職員がウェブサイトを閲覧していた際、「ウイルスに感染した」とする偽のメッセージが表示され、だまされて画面表示に従って操作。同端末を遠隔操作するためのソフトウェアをダウンロードしてしまったという。

同協会では、同ソフトを通じて遠隔操作が行われ、個人情報が流出していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
小学校メルアカが乗っ取り、迷惑メールを送信 - 東大和市
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子