Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会

東京防災救急協会は、業務用端末から個人情報が流出した可能性があるとして調査を進めている。

同協会によれば、立川都民防災教育センターの端末へ誤って遠隔操作用のソフトをインストールし、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

11月30日に職員がウェブサイトを閲覧していた際、「ウイルスに感染した」とする偽のメッセージが表示され、だまされて画面表示に従って操作。同端末を遠隔操作するためのソフトウェアをダウンロードしてしまったという。

同協会では、同ソフトを通じて遠隔操作が行われ、個人情報が流出していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大