Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、エンドポイント対策を提供する「IIJセキュアエンドポイントサービス」にEDR機能を追加した。

同サービスでは、従来よりマルウェア対策製品「CylancePROTECT」と、サーバ保守や独自のダッシュボードなどのクラウドサービスを組み合わせて提供しているが、あらたに「CylanceOPTICSオプション」を追加したもの。

マルウェアの感染などが疑われる端末を、リモート操作でネットワークから隔離し、原因調査など行えるEDRサービスを提供し、2020年2月からは「IIJ C-SOCサービス」との連携により、ログの相関分析やインシデント対応支援にも対応する予定。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 脆弱性を解消
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認