Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応

クオリティソフトは、IT資産管理やセキュリティ対策を支援するソフト「QND」の新版を提供開始した。

同製品は、機器やライセンスの管理、セキュリティ対策の統制、パソコンの操作ログ取得などの機能を搭載したIT資産管理ソフト。「Standard」と「Advance」の2種類を用意している。

新版となる「同11i」では、セキュリティ更新プログラムを適用するタイミングの制御や、高速スタートアップの設定変更、「BitLocker」の運用状況について把握することが可能となった。

これにくわえて「Advance」では、パソコンの脆弱性を自動判断する機能を追加。品質更新プログラムの自動更新、Wi-Fi通信の接続制御、Bluetoothの接続制御などの機能をあらたに盛り込んだ。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加
KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス
FAE、操作制御やログ機能を搭載する「InfoBarrier」に新版