Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応

エムオーテックスは、IT資産管理ツールの新版「LanScope Cat Ver.9.0」を12月13日より提供開始する。

新版では、外部脅威対策として操作ログの管理機能を搭載。調査対象端末の操作をリアルタイムに把握でき、データ送信を行うプロセスの情報をSyslog形式のログとして取得することが可能。通信元や通信先のIPアドレス、ポート、ファイルのハッシュ値などを参照できる。

また内部不正対策として、複数の行動を組みあわせてアラーム判定を行う「カスタムアラーム機能」を追加。さらにオプションとして、印刷したファイルの内容をそのままイメージとして保存して、管理者が閲覧できるプリントイメージ機能を実装。保存した印刷ファイルに対して文字列での検索が行える。

(Security NEXT - 2017/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン