Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員端末がマルウェア感染、迷惑メール送信 - 京都市観光協会

京都市観光協会は、職員のパソコンがマルウェアに感染し、職員をかたる不正なメールが送信されたことを明らかにした。

同協会によれば、職員のパソコンがマルウェアに感染したことにより、11月25日ごろから職員を装ったメールが複数送信されたことが判明したもの。

問題のメールでは、送信者として職員の氏名が表示されるが、送信元のメールアドレスは同協会のドメインとは異なるものとなっていた。

以前同協会が受信したメールへの返信として送信されていたが、前後のつながりはないという。さらに「Word」ファイルやテキストファイルが添付されていた。

同協会では、こうしたメールを受信した場合は、添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社