Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室

プロバスケットボールチーム茨城ロボッツの子会社が運営するバスケットボールスクールにおいて、受講生の個人情報含む名簿が所在不明となっている。

同スクールを運営するいばらきスポーツタウン・マネジメントによれば、ROBOTSスクールつくば校の受講生の個人情報が記載された名簿などを紛失したという。49人の氏名と一部受講生の連絡先が含まれる。

担当講師が11月11日22時にレッスン終了後、名簿などが入った鞄を体育館外部の出口階段に置いたが、そのまま置き忘れて帰宅、その後の所在がわからない状態となっている。

同講師は、翌日12日に置き忘れたことへ気が付き捜索したが、すでに鞄は見当たらなかった。同社では警察への届け、対象となる受講生にメールや電話を通じて謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - サンウェル
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協