Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性

三菱電機の「MELSEC-QシリーズCPUユニット」「MELSEC-LシリーズCPUユニット」にサービス拒否に陥る脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、両製品の「FTPサーバ機能」においてリソースが枯渇する脆弱性「CVE-2019-13555」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されると、「FTPサーバ機能」がサービス拒否に陥るおそれがある。今回の脆弱性が影響を受けるのは同機能のみとしている。

同脆弱性は、周知のために三菱電機がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同社は特定シリアル番号以降の製品に対し、FTP接続を自動的に切断する機能を追加した。

また脆弱性の緩和策として、ファイアウォールなどにより信頼できないFTP接続を遮断するといった対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か