Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ

トレンドマイクロの海外法人において、従業員が顧客の個人情報を外部へ漏洩した問題で、同社は日本国内の顧客データは含まれていないことを明らかにした。

今回の問題は、従業員がコンシューマー向け製品の顧客情報を不正に持ち出し、第三者に売却。サポート詐欺に悪用されたもの。8月に被害を把握し、調査を進めていたが10月末に従業員による犯行と結論付けた。

データを持ち出したのは、同社海外法人に勤務する従業員。普段より顧客情報へアクセスする権限を持つテクニカルサポートの担当者だったという。すでに懲戒解雇となっている。

従業員の所属や担当部署、勤続年数、勤務態度、犯行の認否については、当局へ捜査協力を行っていることを理由に挙げ、コメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先