Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ

トレンドマイクロの海外法人において、従業員が顧客の個人情報を外部へ漏洩した問題で、同社は日本国内の顧客データは含まれていないことを明らかにした。

今回の問題は、従業員がコンシューマー向け製品の顧客情報を不正に持ち出し、第三者に売却。サポート詐欺に悪用されたもの。8月に被害を把握し、調査を進めていたが10月末に従業員による犯行と結論付けた。

データを持ち出したのは、同社海外法人に勤務する従業員。普段より顧客情報へアクセスする権限を持つテクニカルサポートの担当者だったという。すでに懲戒解雇となっている。

従業員の所属や担当部署、勤続年数、勤務態度、犯行の認否については、当局へ捜査協力を行っていることを理由に挙げ、コメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ