Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金

興能信用金庫は、顧客情報が記載された書類を保管箱ごと紛失したことを明らかにした。

同金庫によれば、9月17日に保存文書の確認作業をしていたところ、納付書の金融機関控えが収納された保管箱1箱を紛失していることが判明したもの。

所在不明となっているのは、2018年11月から2019年3月分の1332件。納付者の氏名と住所、納付金額、納付内容などが記載されていた。対象書類の納付手続きはすべて完了している。

同信金では8月5日に書類の廃棄を行っており、その際に誤って一緒に廃棄した可能性が高いと説明。関連する問い合わせなどは寄せられていないという。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
市施設利用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 古河市
患者リストを自転車カゴに置き忘れ紛失 - 大阪市立大病院
高校で生徒情報含む資料紛失、郵送され判明 - 神戸市
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社