Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザー企業向けにセキュリティ組織体制をモデル化した資料

サイバーリスク情報センター産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会(CRIC CSF)は、「ユーザー企業のためのセキュリティ統括室 構築・運用キット」の第2弾となる「統括室編」を公開した。

同資料は、ユーザー企業におけるセキュリティ組織構築モデルを示したもの。これまで第1弾として「概要編」を提供しており、今回あらたに統括室などの構築プロセスに関する資料として「統括室編」を公開した。

同資料では、ユーザー企業におけるセキュリティ組織体制のあり方を、委員会型、CSIRT型、専任組織型に分類。各企業の組織体制に応じたセキュリティ機能を実現するための構築ステップを解説している。

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
制御システムのインシデント事例を解説した資料 - IPA
IPA、制御システムのリスク分析でセミナー開催
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始