Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2024」の解説書を公開 - 活用法なども紹介

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ10大脅威 2024」の解説書を公開した。同機構ウェブサイトよりダウンロードできる。

「情報セキュリティ10大脅威 2024」は、2023年に社会的影響が大きかった情報セキュリティのトピックを取りまとめたもの。1月に個人や組織における10項目の脅威を発表しているが、最新の具体的な脅威の内容について解説する資料を追加で公開した。

個人における脅威に関しては古典的なものも多く、資料で解説した攻撃手口を覚えておくだけでも対策になるとしている。

一方組織における脅威は、攻撃手口を把握しているだけでは対策にならないと指摘。自組織におけるリスクを洗い出した上で情報を継続的に収集し、状況にあわせて対応を講じる必要があると説明している。

また補足資料として、「情報セキュリティ10大脅威の活用法 2024」を用意。対策を検討するための具体的な方法を紹介した。あわせて「情報セキュリティ10大脅威 2024 セキュリティ対策の基本と共通対策」を提供している。

3月下旬には「簡易説明資料」、6月には「情報セキュリティ10大脅威 2024 知っておきたい用語や仕組み」なども公開する予定。

(Security NEXT - 2024/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
サイトに脆弱性攻撃、会員メールアドレスが流出した可能性 - マリンネット
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
アイドルコンテストのX公式アカウントが乗っ取り被害
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
Fortra製ワークフロー管理ツールのエージェントに深刻な脆弱性