Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALを装うなりすましメールに注意 - Facebookで不審な投稿も

日本航空や同社グループを装ったメールやSNSでの投稿が確認されている。個人情報を詐取されるおそれがあるとして、同社は注意喚起を行っている。

同社やグループ会社になりすまし、無料講座への勧誘や、キャンペーンに当選したなどの内容のメールが出回っているもの。

問題のメールでは、本文中のリンクや添付ファイルなどを開かせようとしていた。誤ってリンクやファイルを開くと、個人情報が詐取されるなど被害に遭う可能性があるとして同社では注意を呼びかけている。

またFacebook上では、同社になりすまし、航空券のプレゼントなどとしてユーザーの関心を引こうとするサイトについて拡散されていることが判明している。同社とは一切関係がないとして注意を喚起している。

(Security NEXT - 2019/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導