Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし

日本郵便は、同社が提供する「レターパックライト」に記載した二次元コードに誤りがあったことを明らかにした。

北海道を除く東日本エリアや沖縄県内の郵便局などで販売する「レターパックライト」にある「依頼主保管用シール」の二次元コードに誤りが判明したもの。本来、日本郵便のURLを示すものだが、無意味な文字列が表示されるという。

同社は、配送状況を調べることができる「郵便追跡サービス」そのものには問題なく、配達にも支障はないと説明。

「郵便追跡サービス」を利用する場合は、同社サイトより「問い合わせ番号」を入力して調べるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
同報メールの件名にメアドを記載、委託先で - 愛知県
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
入籍届3件を紛失、4月に判明 - 岩美町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区