Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県

不正アクセスの原因となったのは、システムを移行する際に利用した「Samba」で、2018年1月に委託業者がインストールしたが、そのまま放置されていた。

意図しないファイルの設置以外、サーバにおけるプログラムの改ざんやマルウェアの感染などは確認されていない。脅迫文が見つかっているが、データを暗号化されたり、破壊されるといった被害は見られなかったという。

同県教委は、サーバ内のデータについてウェブサイトなど公開を前提としているデータのため、メールアドレス以外に個人情報や機密情報は含まれていないとしているが、念のため確認作業を進めている。

また同サーバのデータを用いる公開サイトを通じて、保存されていたマルウェアに感染するおそれがあったが、被害の報告などは寄せられていない。

同県教委では、心当たりのある利用者へマルウェアへ感染していないか確認するよう求めるとともに、メールアドレスを悪用して迷惑メールが送信される可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ