Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県

不正アクセスの原因となったのは、システムを移行する際に利用した「Samba」で、2018年1月に委託業者がインストールしたが、そのまま放置されていた。

意図しないファイルの設置以外、サーバにおけるプログラムの改ざんやマルウェアの感染などは確認されていない。脅迫文が見つかっているが、データを暗号化されたり、破壊されるといった被害は見られなかったという。

同県教委は、サーバ内のデータについてウェブサイトなど公開を前提としているデータのため、メールアドレス以外に個人情報や機密情報は含まれていないとしているが、念のため確認作業を進めている。

また同サーバのデータを用いる公開サイトを通じて、保存されていたマルウェアに感染するおそれがあったが、被害の報告などは寄せられていない。

同県教委では、心当たりのある利用者へマルウェアへ感染していないか確認するよう求めるとともに、メールアドレスを悪用して迷惑メールが送信される可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
研究室用サーバに不正アクセス、不正ファイルが52件 - 東京女子大