Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ業務の倫理行動宣言企業を公表 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、サイバーセキュリティを事業として行う企業が守るべき「サイバーセキュリティ業務における倫理行動宣言」に賛同する企業の一覧を公表した。

同宣言は、サイバーセキュリティ事業に携わる企業が守るべき行動規範と事業遂行の基本指針を取りまとめたもの。

これらに則った事業運営を行うことで、専門性と倫理観を兼ね備えた事業運営が可能となり、技術や法律、倫理面におけるセキュリティ事業者固有のリスクを低減しつつ、社会的な信頼の確保につながるとしている。

宣言にあたっては、基本指針に従ってリスク管理体制を整備。自社サイトなどで自己宣言してバナーを掲載する。

また同協会では、自己宣言を行った事業者をサイト上で公表。10月16日時点で19社が自己宣言を行っており、今後も賛同企業の募集を推進していくという。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
セキュリティ対策宣言制度、ロゴマーク使用の申込受付開始
情報処理学会、公式LINEスタンプをリリース - 情報技術者の世界観を表現
中小企業のセキュリティ対策宣言制度「SECURITY ACTION」
「ごめん!」TeslaCrypt開発者が復号キー公開 - 無償復号化ツールも登場