Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開

SBIセキュリティ・ソリューションズとNECは、金融機関向けソリューション事業を展開する合弁会社SBIデジトラストを10月1日に設立した。

両社は、これまでも共同で分散型台帳技術を活用した本人確認やマネーロンダリングや金融犯罪への対策に向けた実証実験などを展開しており、金融機関向けソリューションの展開De新会社を設立したもの。出資比率は、SBISecSolが66%、NECが34%。

SBISecSolによるセキュリティ対策の知見と、NECの生体認証やAI、セキュリティなどの技術を活用。

2018年11月の改正犯罪収益移転防止法施行規則による本人確認のオンライン化や、金融活動作業部会による「FATF勧告」におけるマネーロンダリング対策の需要へ対応したソリューションを開発、展開していく。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加