Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収

米Palo Alto Networksは、IoT向けにクラウドベースのセキュリティソリューションを展開する米Zingboxを約7500万ドルで買収した。

Zingboxは、接続デバイスの検出や識別、保護などを行えるIoT機器向けのクラウドサービスを展開。デバイス固有の特徴や動作を機械学習で可視化し、学習した本来の動作との差異から異常を検知できる。

Palo Alto Networksは、約7500万ドルの現金で同社を買収。今後はZingboxの機能をファイアウォールやセキュリティプラットフォーム「Cortex」で活用し、接続デバイスの可視化や制御などが可能となるサブスクリプションサービスを提供する見込み。またZingboxの既存ユーザーは、製品を継続して利用できるとしている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応