Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス

凸版印刷は、顔画像の機械による認識率を下げたり、属性情報のみ残すといった画像加工サービスを12月より提供開始する。

同サービスは、イスラエルDe-Identificationの技術を活用したもので、3種類の顔画像加工技術を提供する。

具体的には、人間による視認で判断できる類似性を保持しつつ、顔画像の機械認識率を下げるサービスを提供。

別の顔と機械で認識されるよう、顔の輪郭や目鼻立を独自に加工できる。

20191017_tp_001.jpg
視認性を残しつつ、機械学習で別の人物と認識されるよう加工できるという(画像:凸版印刷)

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業