Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS

JIMOSが運営する複数の通信販売サイトから顧客情報が流出した可能性があることが判明した問題で、同社は被害規模などを明らかにした。旧運営サイトについても影響を受けたおそれがある。

同社通販サイト「マキアレイベル」「Coyori」「代謝生活CLUB」で利用するサーバが不正アクセスを受け、顧客情報の一部が流出した可能性があり、同社は調査中であることを8月22日に公表していたが、調査結果を明らかにしたもの。

同社によれば、脆弱性を突く不正アクセスにより、当初発表の3サイトにくわえ、同社が過去に運営していた「酒蔵.com」を含む4サイトにおいて、2014年1月から2019年7月26日までにサイト上で入力されたクレジットカード情報10万7661件が流出した可能性があることが判明した。

具体的には、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードで、すでに一部が不正に利用された可能性がある。

(Security NEXT - 2019/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀