Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明

カスタマーサポートサービス「Zendesk Support」やチャットサービス「Zendesk Chat」の一部顧客情報が外部へ流出したことがわかった。

Zendeskによれば、外部の指摘により、同社の一部顧客に関するアカウント情報が流出していることが9月24日に判明したもの。個人を特定できるデータなどが含まれていた。

2016年11月以前に流出したものと見られ、2016年11月1日より前に有効化したアカウントを持つ顧客が対象。トライアルユーザーや、すでに無効化されたアカウントも含まれる。

同社では、影響を受けた1万件のアカウントを特定。ユーザーの氏名、メールアドレス、電話番号、ソルトを追加したハッシュ化済みのパスワードなどが含まれていた。

ただし、チケットに関するデータの流出は否定。流出した情報を用いたと見られるアクセスの証跡は見つかっていないとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ