Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明

カスタマーサポートサービス「Zendesk Support」やチャットサービス「Zendesk Chat」の一部顧客情報が外部へ流出したことがわかった。

Zendeskによれば、外部の指摘により、同社の一部顧客に関するアカウント情報が流出していることが9月24日に判明したもの。個人を特定できるデータなどが含まれていた。

2016年11月以前に流出したものと見られ、2016年11月1日より前に有効化したアカウントを持つ顧客が対象。トライアルユーザーや、すでに無効化されたアカウントも含まれる。

同社では、影響を受けた1万件のアカウントを特定。ユーザーの氏名、メールアドレス、電話番号、ソルトを追加したハッシュ化済みのパスワードなどが含まれていた。

ただし、チケットに関するデータの流出は否定。流出した情報を用いたと見られるアクセスの証跡は現時点で見つかっていないとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市