Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も

フィッシング対策協議会は、「イオンクレジットサービス」を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして注意を呼びかけた。

フィッシングメールでは、クレジットカードの不正決済が確認され、利用制限を実施しているなどと説明。制限の解除には有効期限内の申し込みが必要などとして偽サイトへ誘導する手口だった。メールの件名には、正規サイトのドメイン名を記載していたという。

フィッシングメールには、日本語として不自然な言い回しが見られたほか、誘導先のウェブサイトでは、「セキュリティコード」の記載が中国語となっていたり、「クレジットカードの解凍」との表現、送信ボタンが「かくてい」となっているなど、不自然な表記が散見された。

9月24日の段階でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導