Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大

共立女子大学は、看護学部の外部実習において、学生や関係者の個人情報含む書類を紛失していたことを明らかにした。拾得者から匿名で送付され、問題が判明した。

同大によれば、看護学部の実習関連書類を紛失していたことが明らかとなったもの。2017年当時のもので、実習先の関係者や学生など、それぞれ6人分の個人情報を含む一覧表や、学生98人分の氏名と学籍番号が記載された学生配置表だという。

6月20日に実習先機関に匿名の封書が届き、紛失していたことが判明した。実習先機関の周辺で拾得したとの手紙が入っていたという。

同大では調査委員会を立ち上げ、報告書をまとめるとともに、実習先機関や対象となる学生、関係者に対し、事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba