Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大

共立女子大学は、看護学部の外部実習において、学生や関係者の個人情報含む書類を紛失していたことを明らかにした。拾得者から匿名で送付され、問題が判明した。

同大によれば、看護学部の実習関連書類を紛失していたことが明らかとなったもの。2017年当時のもので、実習先の関係者や学生など、それぞれ6人分の個人情報を含む一覧表や、学生98人分の氏名と学籍番号が記載された学生配置表だという。

6月20日に実習先機関に匿名の封書が届き、紛失していたことが判明した。実習先機関の周辺で拾得したとの手紙が入っていたという。

同大では調査委員会を立ち上げ、報告書をまとめるとともに、実習先機関や対象となる学生、関係者に対し、事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T