Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店

お好み焼き専門店を展開する風の街は、店舗に何者かが侵入し、顧客情報が記載されたポイントカードの登録用紙を金庫ごと盗まれたことを明らかにした。

同社によれば、9月1日3時半ごろ、風の街玉造店に何者かが侵入し、金庫を持ち去ったという。被害に遭った金庫には、記入済みのポイントカード会員登録用紙が保管されていた。

ポイントカード会員登録用紙には、8月1日から同月31日までの間に同店で申し込んだ顧客99人の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、家族の人数などが記入されている。

同社は、会員登録前に盗難が発生したため、対象者を特定できないと説明。盗難された登録用紙に対応するカードを所有する顧客に対して謝罪と注意喚起を行う。また、個人情報保護委員会へ事態を報告した。

(Security NEXT - 2019/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大