Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で

トヨタ紡織の欧州子会社において、金銭をだまし取られる被害が発生した。被害は最大で約40億円に及ぶ可能性がある。

悪意ある第三者の虚偽による入金指示に従い、8月14日に送金してしまったもので、被害額は最大40億円にのぼる可能性があるという。同社では入金後に指示が虚偽であったことを認識。資金の回収に向けて対策チームを組織するとともに、現地捜査当局へ被害を届けた。

捜査上の機密が含まれるとして、同社は詳しい経緯など詳細については明らかにしていないが、ビジネスメール詐欺(BEC)による被害の可能性も指摘されている。

BECに関しては、攻撃者が事前に窃取した情報をもとになりすましを行うなど、巧妙な手口が確認されている。やりとりに違和感を感じず、国内企業で実際に金銭を振り込んでしまったケースや、入金直前に金融機関の指摘で問題に気が付くケースなども報告されている

マルウェア感染を狙ったメールやフィッシングメールと異なり、添付ファイルやURLの記載がないことも多く、従来のセキュリティ対策製品で検知が難しい事情もある。

(Security NEXT - 2019/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意