Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ

くわえて同製品のウェブアプリケーションから発信されるリクエストについても、暗号化されておらず、初期設定のパスワードを変更しても、通信内容を傍受されるおそれがある。

脆弱性を悪用されると、第三者によってリアルタイムの正確なGPS位置情報を取得されたり、マイクを利用した盗聴が可能。また端末はSMSにより制御が可能で、通信ルートを指定したり、遠隔からあらたなファームウェアをダウンロードさせることなどが可能だった。

同社は、初期設定のパスワードのまま稼働するGPSトラッカーが、ワールドワイドで60万台以上稼働していると推定しており、脆弱なアプリも50万以上ダウンロードされていると指摘。デバイスメーカーに複数回通知したが回答はなかったという。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Intel、多岐にわたるセキュリティアップデート - アドバイザリの確認を
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を