Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで脆弱性56件を修正 - 一部で悪用も

マイクロソフトは、2021年2月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、56件の脆弱性に対処した。一部脆弱性はすでに悪用が確認されているという。

今回のアップデートでは、「Windows」「Office」をはじめ、「Exchange Server」「.NET Core」「.NET Framework」「Microsoft Dynamics」「Azure IoT」のほか、開発者向けツールなどの脆弱性を解消した。

CVEベースであわせて56件の脆弱性に対応。最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が11件。ついで高い「重要(Important)」が「43件」、「中(Moderate)」が2件となっている。

脆弱性によって影響は異なるが、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性21件を修正。あわせて権限昇格の脆弱性12件や、「情報漏洩の脆弱性(9件)」「サービス拒否(7件)」「なりすまし(5件)」「セキュリティのバイパス(2件)」に対応した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上とされる脆弱性が36件。さらに「9.0」以上とレーティングされている脆弱性は「CVE-2021-24074」「CVE-2021-24077」「CVE-2021-24078」「CVE-2021-24094」の4件だった。

(Security NEXT - 2021/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも