Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響

20210514_fa_001.jpg
「FragAttacks」のロゴ

ほぼすべての「Wi-Fi」対応機器に影響を及ぼすとされる脆弱性「FragAttacks」が明らかとなった。脆弱性を悪用されると、情報を窃取されたり、対応機器が攻撃を受けるおそれがあるという。

ニューヨーク大学アブダビ校の研究者であるMathy Vanhoef氏がUSENIXのセキュリティカンファレンスで発表したもの。脆弱性はCVEベースであわせて12件にのぼり、同氏は一連の脆弱性を「FragAttacks(Fagmentation and Aggregation Attacks)」と名付けている。

同氏は今回明らかとなった脆弱性について75種類のデバイスを調査したが、すべての機器で少なくとも1件の脆弱性が存在しており、ほぼすべてのWi-Fi対応機器に脆弱性が存在すると結論付けている。最新の「WPA3」についても影響を受ける。

今回明らかとなった脆弱性のうち、3件についてはWi-Fi規格に起因し、1997年以降存在しており、幅広い製品が影響を受ける。ただし、悪用にあたってユーザー側の操作が必要であったり、一般的ではないネットワーク設定が必要となるなど、悪用するのは難しいという。

一方、実装に起因する脆弱性については影響が大きいと指摘。暗号化された通信へ平文を挿入することが可能となる脆弱性が複数存在するほか、ヘッダの一部を不正に操作することで通信の改ざんなども可能となる。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消