Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に

2019年第1四半期は、あらたなランサムウェアが118%増加した。マカフィーが取りまとめたもので、再流行の兆しを見せている。

同社によれば、同四半期は1分あたり平均504件のあらたな脅威を検出。なかでもランサムウェアは118%増となり、増加の傾向を示している。また仮想通貨(暗号通貨)を発掘するマルウェアも29%の増加となった。

JavaScriptベースのマルウェアは13%減少。一方PowerShellベースのマルウェアは、前四半期比460%増を記録した。IoTデバイスを標的としたマルウェアのサンプルについても10%増加しており、IoTマルウェアの合計サンプル数は過去1年間で154%増加した。

マルウェア全体では、あらたなサンプルは35%増加した。ただし、モバイルデバイスを対象としたマルウェアのサンプルは15%減少している。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」