Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら

デルとEMCジャパンは、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)およびSecCap連携校の大学生向けにサイバーセキュリティ演習「サイバーインシデントシミュレーションチャレンジ」を提供した。

RSAが2015年から企業のセキュリティ技術者向けに定期的に行っている「CTF(Capture the Flag)」をベースにしたインシデントレスポンスの演習環境を提供したもの。競技環境では、インシデント対応を体験的に学ぶことが可能で、攻撃プロセスごとの着眼点や、侵害の発見方法、経路、 影響範囲などを体験できる。

セキュリティ関連授業が講義中心のNAISTにおいて、サイバー脅威の検知や対処を実環境で体験する場として8月8日と9日に、単位が取得できる授業として開催。RSAが持つ攻撃シナリオや、サイバー脅威の検知と分析を行うソリューション「RSA NetWitness Platform」を用いて環境を構築した。

(Security NEXT - 2019/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占