Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市

大阪市水道局は、配水管工事の業務委託先が、個人情報など含む工事図面を路上に放置し、一時紛失していたことを明らかにした。

同市によれば、業務委託先が8月8日に作業を行った際、現場の道路上に工事図面を置き忘れたもの。翌9日に住民から連絡があり問題が判明し、回収した。

一時紛失したのは、現場で使用する工事用の図面。個人情報52件が記載されていた。名字や水栓番号、給水管の菅口径や材質などが含まれる。また法人名や水栓番号などの法人情報5件も記載されていた。

今回の問題を受け、同市では対象となる関係者に謝罪の書面を配布した。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県